トップに戻る

もしもに備えて

残念なことではありますが、どれだけ注意をして生活をしていても、
交通事故の被害者になってしまうこともあるでしょう。


自身の身体を負傷してしまっていれば、冷静な判断などできず、
加害者に都合の良いまま話が進んでしまうこともあります。

 

交通事故にあい神戸で弁護士を探す時の選び方

被害者

記録されるのはどういうポイント?実況見分の知識


交通事故が発生した場合には警察官を現場に呼び、その状況を
客観的に調査することを求めることが必要となります。


警察官が確認した現場の状況がその後の過失割合を判断する上で
非常に重要な証拠となるため、この実況見分は非常に重要なものとなるのです。


実況見分では交通事故における双方の主張を正確に確認し、
さらにこれらの証拠となる写真や現場の確認情報などを詳細に記録されます。

これらを記載しまとめたものが実況見分調書となります。


実況見分調書では双方の証言を記録するとともに、これの物的証拠となる
現場の状況などを写真に撮影することが求められています。


この際に、双方の主張の中で矛盾点が発生していたり、証言が正直に行われていない場合などは
様々な面で不利となり、過失割合が変化する危険性もあるので注意をしなければなりません。


この割合は法律に定められた条件に則り、交通事故の原因に対する責任と
法律を遵守していたかどうかにより判定されるものとなっています。


基本的に法律を遵守せず事故を起こしてしまった場合には、刑事上の処罰が
発生することになり、また相手の物品を破損した場合などにも法律上の処罰が
発生することになるため、これを厳密に判断することが必要で、
そのための情報となるのが実況見分となっています。


交通事故専門の弁護士のアドバイスをもらうのが一番

交通事故の処理は、素人には難しく、時間も労力も必要となってしまうものです。

被害に遭った償いを、適正な補償という形で行ってもらいたいなら、
できるだけ早いタイミングで、交通事故の案件に長けた弁護士に依頼し
すべて任せてしまうことをお勧めします。

弁護士

弁護士介入が遅れれば遅れるほど、事態が不利になってしまうこともあるので、
補償金の額に大きく関係する医師の診断書が出来上がるまでに依頼するのがベストです。


交通事故処理を専門としている弁護士なら、医療知識もあり、診断書に
不備はないかしっかりと見極めてくれます。


素人が自力で解決してしまうよりも、確実に最高ランクの補償を取りつけてくれるはずです。

 

示談交渉    相談無料    裁判    知識    行政処分   負担   義務   プロ   請求   保険   業務上過失傷害