トップに戻る

交通事故弁護士

 

自家用としてではなく、業務上の必要性から
日常的に車を運転しているという人は少なくはないはずです。

車を運転する


業務として日常的に車を運転している
という人は当然のことながら交通ルールに
従い、交通事故の当事者とならないように
細心の注意を払っていることでしょうが、
いくらそのようにしていても完全に
交通事故を避けることはできません。

場合によっては事故の被害者となる
可能性もあれば、反対に事故の加害者となってしまう
可能性があるのです。

もしも、細心の注意を払って運転をしていたにもかかわらず
事故を引き起こしてしまった場合、それが勤務中のことで
あったとしたら業務上過失傷害に問われることになります。

業務上過失傷害に問われてしまった場合、罰せられるだけではなく
自分の勤務している会社にも多大なダメージを与えることに
なってしまいます。

ダメージを受ける

もしも、業務上過失傷害の罪に問われかねない交通事故を
引き起こしてしまった場合、加害者は警察に連行される
ケースも多いのですが、このようなときには弁護士が
頼れる存在となってくれます。

弁護士が交渉することで加害者が逃亡の恐れがないと
説明してもらえば、警察に身柄の拘束をされてしまうようなことを
回避することができます。

 

示談交渉    相談無料    裁判    知識    行政処分   負担   義務   プロ   請求   保険   業務上過失傷害