トップに戻る

交通事故弁護士


交通事故は、人が自動車に乗っていれば避けられるものではありません。

自分が気をつけていても巻き込まれてしまうことはあるからです。


そして、事故に遭ってしまった場合には、相手にたいして損害賠償を
請求していくことになります。


弁護士の役割は、損害賠償を請求するときに、私人の代理人となることにあります。
私人は、法律問題についての知識に乏しいため、専門家の力に頼る必要があるのです。

専門家

弁護士は、交通事故撲滅対策に対しても重要な役割を果たしています。


事故を起こした場合に、法的にどのような責任を負わなくてはならないのか
について、啓蒙活動をしています。

事故を起こす

人が事故で死んでしまった場合には、損害額はその人が残りの人生で稼ぐことが
可能であった金銭に及びます。

 

その上、遺族にたいしては慰謝料を支払わなくてはならなくなります。


このように、交通事故は被害者のみならず、事故を起こした人にとっても
人生を狂わす原因になります。

 

したがって、日頃から気をつけるようにすべきです。

 

示談交渉    相談無料    裁判    知識    行政処分   負担   義務   プロ   請求   保険