トップに戻る

交通事故弁護士

 

交通事故が起きた時、過失割合や損害賠償金、治療費などの問題が出てきます。
ただ、交通事故では、自分の非を認めてしまえば、大きな責任を負うことになりますから、当事者同士の話し合いは
水掛け論になりがちです。

日和

それに、保険会社が間に入ってくると、保険金の支払をしたくないという方向で
話を進めようとします。
このような交渉だと、声が大きい人間が勝つことになってしまいます。

見に行く

特に保険会社は、当事者とは違い交通事故には慣れていますから、素人相手だと話の進め方を大きく変えて来ます。

そこで論理的に話を進めることが出来る人間、つまり法の専門家たる弁護士が活躍します。
弁護士がいると交渉が有利になるポイントとして、損害賠償金の問題です。

被害者の立場で雇えば、保険会社が提示している賠償基準は低すぎるということで、
より多くの損害賠償金をもらえることができますし、加害者の立場で雇えば、
過失は加害者だけではないということを証明して損害賠償金を減額してもらうことが出来るのです。

自動車の保険に特約をつけておけば、費用は保険で賄うことができるので、事故後ためらうことなく
弁護士に依頼する事ができます。

 

示談交渉    相談無料    裁判    知識    行政処分   負担   義務   プロ   請求   保険