トップに戻る

交通事故弁護士

 

駅

交通事故の被害者、加害者になってしまった時には、弁護士に相談して見る事を推奨します。
交通事故では車や道路標識、ガードレール等多方面において物品の損害や、治療費、医療費等の問題が付随します。
これらは個々人で解決しようとするとトラブルの元になったり、相場からかけ離れたお金を請求されたりしてしまいます。

晴れ

示談で解決するにしても、法に則って解決してくれる仲裁役は必須です。
弁護士はこうしたトラブルのための相談機関なので、活用していきましょう。
相談するタイミングは、交通事故が発生してからなるべく早い方がいいです。

少なくとも、先方よりは早く行動に移らないと、証拠固めや、裁判の時期等に悪影響となります。
怪我をして動けない場合は、代理人に行ってもらいましょう。

本人の承諾を得ていれば、代理人でも法的な手続きを行なうことはできます。
もしもの時のために、とくに車やバイクに乗る人は相談先を検討していくことが大切です。

 

示談交渉    相談無料    裁判    知識    行政処分   負担   義務   プロ   請求   保険