トップに戻る

交通事故弁護士


交通事故を起こして相手に損害を与えてしまった場合、損害賠償をしなくてはなりません。
しかし、損害賠償の額は、相手の損害次第ではとても巨額に上ります。

休息

例えば、相手が交通事故に遭ったことによって働けなくなった場合で、
相手が一家の大黒柱だとしたら自己で稼げなくなった分のお金は
すべて負担しなくてはならなくなります。

このように、交通事故による損害を弁償することになった場合には、弁護士に相談すべきです。

送る

例えば、事故を起こしたとしても、相手側にも責任がある場合があります。
そういった場合には、過失相殺といって、相手の過失に応じて
自己の弁償する額が少なくなります。

ただし、示談が成立しない場合は裁判で争い、裁判所に過失について認定してもらう必要があります。
その時に、弁護士の存在が役に立ちます。

また、お金を借りる場合にも、弁償に必要とされた資金を全部借りるのではなく、
どのくらい借りればよいのかという点についてアドバイスが貰えます。

 

示談交渉    相談無料    裁判    知識    行政処分   負担   義務   プロ   請求   保険