トップに戻る

交通事故弁護士


交通事故による負傷者数は年間80万前後で、多い年には100万人を突破したこともあるので、
このようなことは他人事ではなく、いつ自分や家族がそんな目に遭うかは
わからないのが怖いところです。


自動車で事故を起こした人は保険に入っていますが、被害の内容によっては、
これだけの怪我をしたのにもらえるお金が少なすぎると感じる方も多いようです。

特に内臓破裂のような、一歩間違えれば、そのまま亡くなっていたほどの状態になると、
手術が必要になるうえ、そう簡単には治りませんし、退院できても
社会復帰できなくなる可能性があります。

楽しい

そんなときに頼りになるのが弁護士なので、交通事故で重傷を負い、
回復するかどうかわからないような状態になってしまった方は
早めに相談するようにしたいですね。

迫力

相談だけなら無料で受け付けている弁護士も多いので、
安心して悩みを打ち明けるようにしてください。
一般の人が保険会社と交渉するのは難しいですが、
弁護士なら適切に対応できるので、家族や自分が
交通事故に遭った場合は、すべて任せることをおすすめします。

 

示談交渉    相談無料    裁判    知識    行政処分   負担   義務   プロ   請求   保険