トップに戻る

交通事故弁護士

 

交通事故で罰金刑に処せられることがありますが、場合によっては
自分に非がないと感じる人もいるでしょう。
しかし、法律についての知識を持ち合わせていないと、裁判になったときに
適切な防御活動を行うことができません。

見上げる

そして、裁判では、検察官に主張・立証責任がありますが、
一度有効な主張・立証がなされたら防御しないと
裁判官に事故に有利な心証を持ってもらうことができません。

そこで、弁護士の出番になります。弁護士の有用性は、
その法的知識の豊富さにあります。
そのため、被告人となった人に非がなければ、無罪の判断が
下されるように法律知識を多用して尽力します。

豪勢

また、仮に自己に非がある場合であっても、なるべく有利な判断がなされるように
有利な情状になるように訴訟活動を行います。

交通事故は頻繁に起こることであり、自分が悪くなくても相手との紛争に巻き込まれる事はあり得ます。
弁護士はそのような交通事故問題に巻き込まれた人にとっては、救世主となる存在です。

 

示談交渉    相談無料    裁判    知識    行政処分   負担   義務   プロ   請求   保険