トップに戻る

交通事故弁護士

 

交通事故に遭ってしまった場合、加害割合が一方的に加害者に非があった場合には
加害者側に治療費の全額負担の義務が生じるため、被害者側の負担はありませんが
実際の交通事故はこのような場合は少なく、多くは被害者側にも責任割合が発生することは少なく有りません。

その為、その責任割合に応じた治療費しか加害者側からの支給が無いため、足りない部分は
被害者自身が負担することになってしまいます。

麓

若し交通事故に就業中に遭ってしまった場合には、労災保険が適用されます。

その為、労災保険で不足分を補うことができるのです。
但し、相手方は労災保険の適用の事実がある場合には、加害者側の負担額を下げる様な交渉をしてくることも
少なくありません。

穏やか

これを避けるためには、弁護士に相談することが大切です。
弁護士を活用することで、加害者に加害割合に応じた正当な治療費を負担させることができ、また
正当な保険金の給付を受けることで安心して治療を受けることができるようになります。

 

示談交渉    相談無料    裁判    知識    行政処分   負担   義務   プロ   請求   保険