トップに戻る

交通事故弁護士

 

交通事故が多く、かつては交通戦争とまで呼ばれた日本の道路事情では、
弁護士が大きな役割を果たしています。

印


交通事故ではトラブルも多く、裁判沙汰になることも珍しくありません。
その裁判や、事前の証拠固め、示談による解決や慰謝料、医療費の額を決定する際にも、弁護士は活躍しています。

警察と違い交通事故の現場に立ち会う義務は、弁護士にはありません。
あくまで加害者か、被害者の依頼を受けて動くことになります。

基本的にどんな事務所でも、事故関連の係争を扱っています。
事故が発生すると、たいていの人はパニックとなり
相手側の請求する慰謝料を唯々諾々と支払ってしまったり、
本当は相手側に賠償の義務がある案件を
見過ごしてしまったりします。

事故を未然に防ぐのが一番ですが、もしも発生してしまったときのために、
相談できる弁護士を見つけておくことは
無用なトラブルを防ぐために重要です。

浮き上がる

そして当事者になってしまったらすぐに、代理人を立ててでも相談に向かいましょう。

 

示談交渉    相談無料    裁判    知識    行政処分   負担   義務   プロ   請求   保険